のほほんDiary♪

ARTICLE PAGE

30 2012

幼児の目線

今日は朝から息子の学校へ。
蒸し暑くて… それに蚊がいっぱい


結局、お昼までかかってしまったので
まだ早帰り週間なので買い物をして帰宅
近所だけでの行動だったのに、この暑さでグッタリしました



最近、折を見ては『断捨離』をしています。
季節の変わり目や学期の区切りなど
何が起こってもイイように(⁈)



息子の小さい頃の物って、とっておく物と
処分する物と、かなり迷います


そんな中、絵やスケッチBOOK、なぐり書きした物とかは
場所も取らないから結構残っているんです


その中で、『ぐりとぐら』を真似た「自作絵本」が



こちらは、皆さんご存知『ぐりとぐら』なかがわりえこ&おおむらゆりこ(福音館書店)






多分、これを真似て書いたであろうモノ発見





なっ なんか貼り絵になっている




きっと、たまご運ぶシーン(苦笑)。






きっと、カステラを焼いている。私もちょっかいを出して描いた⁈






おそらく、最後のシーン。






ワタクシも、こんな事をした事すら忘れていましたが
この頃の『ワケノワカラナイ 独創的な字と絵』って、この頃にしか書けず
ちょっと学齢期になると『絵心』と『色気』が出て来るので
なかなかこの『落書き』とも思える様な絵は描けなくなってしまう。


で!ワタクシの1番オドロイタ所はココ






本物の絵本の1番最後のページに、おおむらゆりこさんのサインがあるんです。
それって、ものすご~く小さく書かれているのですが
それを息子は目にしていた


息子に限らず、子どもの目線って
どの子も違って、どの子も様々な目線を持っているんだと思います



これ、何歳くらいに描いたんだろう…



子育てに『イラっ』となったら、
これを見ることにしよう(笑)

0 Comments

Leave a comment