のほほんDiary♪

転勤族の我が家ですが小さなシアワセ見つけて暮らしてます

絵本の時間






今日は、江坂図書館で読み聞かせ
『絵本の時間』でした。
今日のペアは朗読サークルの仲間のNちゃんと!


しかし連休初日だし、この寒さで隣にある
江坂公園には子どもの息も無くて…。
でも図書館には何組か小さい子ども連れの親子発見。
お声かけしたら来て下さいました。


一組の親子ですけどね…。


私は
『やさいのおなか』きうちかつ・作、絵、福音館書店
『てのひらおんどけい』浜口哲一・文、杉田比呂美・絵、福音館書店

Nちゃんは
『バムとケロのさむいあさ』島田ゆか・作、文溪堂
『ばあちゃんのおなか』かさいまり・文、よしながこうたく・絵、教育画劇



を読ませていただきました。
まだ小さいのにじっくりお話を聞いてくれて
きっとおうちでも読んでもらっているのかな



『やさいのおなか』、これなかなか面白くて
幼児絵本のカテゴリですが私は小学生にも読みます。
お野菜の断面図が影絵の様に出て来て
次のページに実物の絵が出て来るのですが
実際、大人でも『?』なモノもでて来て
小学生の『理科もしくは家庭科ゴコロ』をくすぐり
楽しんでくれます


また、絵本講師仲間の方が、高齢者にも
読んであげるといいの♬と言ってました。
すごく納得!
確かに脳の活性化にかなり良さそうです


参加者は一組でしたが
今日も楽しい会になって良かったです

0 Comments

Add your comment